富士山が世界に認められた理由 | 自然に恵まれた山梨で、心も体も一緒に楽しみましょう!
menu

富士山が世界に認められた理由

武田信玄像

日本が世界に誇る日本一の山が富士山です。この富士山は最近は世界遺産にも登録されたこともあり、今は世界でも注目されています。
富士山は日本人なら、誰でも一度は行ってみたいと思います。そんな富士山には二つの姿があるのはご存知でしょうか。
おそらく、多くの方が最初にイメージするのは銭湯などでも描かれている、雪の積もった「白富士」でしょう。降り積もった雪と土もコントラストはまさに、芸術的といえます。
この美しさは世界中のどの山でもないでしょう。
これだけが富士山ではありません。真夏の季節にしか見れない、富士山もあります。雪が全て溶けた状態は全て土の色になります。
この土だけの富士山に、朝日が当たると光の具合で真っ赤に見えます。この富士山は「赤富士」といわれています。赤く燃え上がるような感じからは白富士とは違う迫力を感じることができます。
そんな富士山ですが、高さは世界の山より低いのに世界遺産までになったのはなぜだと思いますか。その美しさも理由の一つですが、何よりもその形状に隠されています。
普通、山というのはいろんな高さの山が連なっており、それを山脈といいます。しかし、富士山の場合は富士山という山が独立してそびえています。このような状態は他にはないような感じになっています。
世界的に見てもこの形は非常に珍しいのです。なので、世界遺産にまで評価される結果になったのです。
このことを意識しながら、富士山を見ると、また感慨深いものがあるかもしれません。